赤ちゃんがぐっすり眠るための夜泣き対策をまとめちゃいました!

hjkj ここでは、赤ちゃんがぐっすり眠るための夜泣き対策について詳しく調べてまとめました。

真夜中に赤ちゃんが突然泣き出し、ママやパパが試行錯誤しながらどうにか泣き止まそうとしても、全然泣き止んでくれない。

赤ちゃんがいらっしゃるご家庭だと、一度はそういった経験をしたことがあると思います。

そうなると、ママやパパの方が泣きたくなっちゃいますよね。

そこで夜泣き対策について色々紹介してきたいと思いますので、夜泣きで悩んでいる方は是非読んでみてください。



夜泣きの原因って?

bis151026473494_tp_v-1024x6 そもそも夜泣きの原因って何なのかというと、はっきりとは分かっておらず、原因は赤ちゃんによって異なります。

・不快症状
・睡眠サイクルが乱れている
・刺激やストレス
・空腹

原因にはこういったものがあり、その子によって、その時と場合によって異なります。

夜泣きの原因はこのように色々考えられるため、何が原因なのかなかなか分からないことが多いのです。



夜泣きを泣き止ませる方法はある?

lisa78_kaidanhaihai20141018 夜泣きを泣き止ませる方法がいくつかありますので紹介していきます。

・少しの時間何もせずに様子を見る
・抱っこをしてあげる
・ミルクをあげる
・服を着替えさせてみる

赤ちゃんは、寝言と同じ感じで泣くことがあります。

そんな場合はすぐに泣き止みますので、泣いたからといってすぐに抱っこするのではなく、まずは数分ほど何もせずに様子を見てみましょう。

数分経ってもなかなか泣き止まない場合は、抱っこしてみてあげてください。

抱っこをしてゆっくりと揺らしてあげたり、背中をトントンとしてみたり、子守唄を歌ってみたりすることで、赤ちゃんは落ち着いて泣き止むことがあります。

夜泣きの原因に空腹もあるので、最後の授乳時間を考えて、ミルクや母乳をあげてみるのもいいでしょう。

また、服や肌着がチクチクしたり、暑かったりして赤ちゃんは泣くことがありますので、服や肌着を変えてあげて様子を見るものいいと思います。



生活リズムを整えると夜泣きしなくなる?

saya0i9a4176072165537_tp_v 生活リズムを整えることで夜泣きがなくなることがあります。

上記の方法で夜泣きがなくならない場合、生活リズムを整えると夜泣きがなくなることが多いのです。

どうやって生活リズムを整えるのかというと、

・朝決まった時間に起こす
・太陽の光をたっぷり浴びる
・お昼寝の時間を決める
・夜は決まった時間までに寝かせる

などがあります。

朝はできるだけ7時前に起こすようにし、カーテンを開けたり、お外に出て太陽の光を浴びさせてあげましょう。

そうすることにより、明るい(朝)、暗い(夜)の区別がつくようになりますし、太陽の光は体にいいので、お天気がいい日はできるだけお外に連れて行ってあげましょう。

そしてお昼寝は0~5か月の赤ちゃんの場合だと4~5時間ほど、生後半年位であれば3時間ほどお昼寝をするので、それを目安にお昼寝をさせてあげて、それ以上は寝ないように起こしてあげて下さい。

また夕方まで寝てしまうと、夜寝れなくなってしまって夜泣きに繋がることがあるので、夕方までには起こしてあげるといいでしょう。

夜もできるだけ早く、8時までには寝るようにするのが理想的で、こういったことをすることにより、生活リズムが整い、夜泣きがなくなります。



夜泣き対策グッズで夜泣きが止まるって本当?

saya072160011_tp_v-1024x682 夜泣き対策グッズで夜泣きが止まることがあります。

赤ちゃんも個人差があるので、必ずしも夜泣きが止まるとは限りませんが、赤ちゃんに合うものであれば夜泣きが止まることもあります。

夜泣き対策グッズにはどういったものがあるのか、これから紹介していきます。

これらはとても評判のいいもので、夜泣きがなくなった、という人も多い商品ですので、是非読んでみてください。



おすすめ夜泣き対策グッズその1「すやねむカモミール」

product05_main01 すやねむカモミールは、夜泣きサポートのハーブティーです。

オーガニック素材のみを使用したカフェインゼロのハーブティーで、子供も飲みやすい味になっています。

厳選された3つのハーブには、気持ちを鎮めたり、休息の質を高めたり、リラックス効果があります。

夜泣きがなくなった、夜泣きが少なくなった、ママも一緒に飲んでリラックスできた、との口コミが多く見られ、90.4%の人が大変満足しています。

ただ、すやねむカモミールは離乳食前の赤ちゃんは飲めないので、お母さんがすやねむカモミールを飲み、母乳を通して飲ませてあげてください。

離乳食が始まってからは白湯で3倍に薄め、冷めたものを飲ませてあげるといいでしょう。
shosai
kousiki


おすすめ夜泣き対策グッズその2「ナチュラルシースポンジ」

suponji ナチュラルシースポンジは、イタリアの地中海で採取されたボディ用の最高級天然海綿です。

100%天然で、人と同じアミノ酸から出来ているスポンジなんですが、水に浸すとプルプルになり、シルクの様な肌触りなので、赤ちゃんから敏感肌の人まで安心して使うことができます。

ナチュラルシースポンジを使って体を洗うと、お肌への負担がなく、優しく洗い上げることができるので、乳児湿疹や乾燥などを防ぎます。

乳児湿疹や乾燥って、いつの間にか掻き毟ってしまっていることがあり、それが傷となって、夜泣きの原因になってしまっていることがあるのです。

しかし、ナチュラルシースポンジはそれらを防ぐことができるので、夜泣き対策グッズとしても大変人気があります。
shosai
kousiki


おすすめ夜泣き対策グッズその3「佐藤製薬のEPA&DHA」

sato 佐藤製薬のEPA&DHAはサプリメントなんですが、これは赤ちゃん向けではなく、ママやパパ向けの商品になります。

赤ちゃんの夜泣きが続くと、ママやパパは睡眠時間がなくなって、精神的にも辛くなり、イライラしちゃうことがよくあります。

そんなイライラを解消するには、良質はDHAを摂取するのがいいのですが、佐藤製薬のEPA&DHAは、EPAとDHAを1日に750mgも摂ることができるのです。

この量はサプリの中でもトップクラスのもので、イライラ解消にとても効果的なんです。

佐藤製薬のEPA&DHAはイライラを解消するだけでなく、いつまでも健康で若くいられる効果もあるので、育児で大変なママやパパにおすすめです。
shosai
kousiki


中でも一番のおすすめ夜泣き対策グッズは「すやねむカモミール」

suyanemu 3つの夜泣き対策グッズを紹介してきましたが、中でもすやねむカモミールが一番おすすめです。

なぜなら、すやねむカモミールを飲んだことにより、夜泣きが止まった、という口コミが多いからです。

すやねむカモミールを飲むことで、赤ちゃんもママやパパも気持ちが落ち着いてリラックスできるのは、とてもいいことですよね。

すやねむカモミールは、妊娠や子育ての専門ブランド「はぐくみプラス」はら販売されているハーブティーで、通常価格3980円なんですが、定期コースだと初回980円と大変お得に試すことができます。

すやねむカモミールの定期コースはいつでも解約、休止できるので、始めるのならお得な今がおすすめ!

すやねむカモミールできっと赤ちゃんもママもパパも笑顔になれると思うので、夜泣きで悩んでいるのであれば、是非試しに飲んでみてはいかがでしょうか?
shosai
kousiki